Illustrator・Photoshop専用制作・入稿ガイド

データ入稿形式

プリマ専用テンプレートを使用し、Adobe Illustrator(拡張子.ai)もしくはAdobe Photoshop(拡張子.psd)で制作し、弊社での修正が必要ない完全データ支給でご入稿ください。

IllustratorはCS2以上のすべてのバーションに対応しております。
その他のバージョンについてはご相談ください。

テンプレートのIllustratorデータはCS2で作成してあります。

RGBデータでも対応は可能ですが、印刷機はCMYKで印刷を行います。RGBとCMYKでは表現できる色の幅が異なり、RGBデータで入稿していただいた場合仕上がりの色味が変わってしまいます。

弊社では完全データに関してエラーチェックを行いません。必ずお客様ご自身でご確認をお願いします。

特色は使用できません。

テンプレートの大きさや、最初から設定されたレイヤーの名前や情報を変更するのはおやめください。

制作される場合は不具合を防ぐため、画像・使用効果・パターン・ブラシ効果はラスタライズをお願いします。未処理の場合は初期不良の対象外となります。この場合、弊社では完全データに関してエラーチェックを行いません。必ずお客様ご自身でご確認をお願いします。

Photoshop Elements・Photoshop Express、またはその他のアプリケーションで制作された方は「プリマアシスト(データ制作アシストサービス)」を追加でご購入ください。

その他のデータ形式(jpg、png、tiff、clip)で入稿の場合も「プリマアシスト(データ制作アシストサービス)」を追加でご選択ください。
白版・カットパス・穴位置など、「プリマアシスト(データ制作アシストサービス)」で制作する場合は、お客様の想定と異なった仕上がりになったとしても、返品交換対応を致しかねます。

データ制作について

テンプレートをダウンロードして開く

各テンプレートをダウンロードしていただき、解凍してご利用ください。

デザインデータ・白版データ・カットパスデータ(両面印刷の場合は裏面デザインデータを追加)のレイヤーに分けてデータを制作してください。

デザインデータ・白版データ・カットパスデータ(両面印刷の場合は裏面デザインデータ)のレイヤーは統合せずにご入稿ください。

デザインの配置

テンプレートの各レイヤーに各データを配置ください。

推奨解像度

カラー印刷:300-400dpi

モノクロ印刷(グレースケール):600dpi

モノクロ印刷(2階調):1200dpi

後から解像度を変更しても、綺麗にはなりませんので、最初のタイミングで正しく設定してください。

デザインデータ・白版データ・カットラインデータ・裏面デザインデータ(必要な場合)を配置してください

ご入稿時のカラーモードについて

カラーモードにはRGB(モニター表示用)とCMYK(印刷用)の2種類がございます。弊社では印刷はすべてCMYKで行います。

RGB と CMYK では表現できる色の幅が異なり、RGBデータで入稿していただいた場合仕上がりの色味が変わってしまいます。

RGBデータとCMYKデータの違い
イラストはイメージです。

白版データ制作について

テンプレートに設定された白版データ用のレイヤー内に白版データを制作してください。

透明なアクリル板に印刷するため、デザインデータだけでは絵柄が透けた仕上がりとなります。絵柄をはっきりと見せるには白版データが必要となります。

白版データがない場合でも、黒色・濃い茶色・紺色等の深くて濃い色はしっかり見えますが、薄い色は透けてしまいます。

白版データの指定がない箇所の白色は印刷されず、透明な仕上がりとなります。
白色の表現がしたい場合は必ず白版データの制作をお願いします。

印刷時のわずかなズレにより、白版データ(白インク)が絵柄からはみ出る場合がございます。
そのため、白版データを0.1mm小さく制作することを推奨しております。

お受けできないデータ

ぼかし表現のある白版データ

ぼかしのある白版データはうまく再現することができません。

必ず黒(K)100%で制作してください。

ぼかし表現のある白版データの例
6px未満の白版データ

細すぎる白版データはきれいに印刷ができない場合がございます。

6px以上の白版データを推奨いたします。

6px未満の白版データの例
半透明の白版データ

半透明の白版データはきれいに印刷ができない場合がございます。

必ず黒 (K)100%で制作してください。

半透明の白版データの例

上記のようなデータを確認した場合、データ不備となり再入稿していただくことになります。

カットパスデータ制作について

デザインから2mm(300dpi~400dpiの場合32px)以上離してカットパスを制作する。

必ず0.01mmのベクターパスで制作してください。

外周は全てのカットパスを繋げてください。

デザインから2mm以上空けて制作してください ※300dpi~400dpiの場合32px以上

推奨しないカットパス

太すぎる線

カットパスが太いと正確にカットできない場合がございます。

太すぎる線の例
鋭角すぎるもの、間隔が狭いもの

鋭角な線は正確にカットできない場合がございますので滑らかな曲線で制作してください。

鋭角すぎるもの、間隔が狭いものの例

上記のようなデータを確認した場合、データ不備となり再入稿していただくことになります。

page top